熟女出会いSNS

  • 投稿日:
  • by

熟女の私は、結婚しています。毎日の生活がマンネリで、最近熟女出会いSNSで、男性との出会いを探しています。この春に息子が大学生になって1人暮らしをするようになってからは、私は夫と2人で暮らすようになっていました。
夫は仕事が忙しいため、早朝に家を出て、深夜に帰宅する毎日。時々、泊まったりすることもあるんです。
なので最近では、家にずっと一人でいる状況です。

そんな時に熟女出会いSNSの存在を見つけたのでした。
熟女の私は、昔は学校の先生をしていました。学校では結構人気がありました。

熟女の今も、決して外見は悪くありません。だから熟女出会いサイトでも結構出会いはあると思っていました。
私は結婚してもう20年以上たつので、夫とはもちろんセックスレスです。もう5年以上はエッチはしていません。
セックスレスの期間が半年ほどになっていたときに一度、我慢できなくなって、恥ずかしいのを我慢して私からエッチに誘ったことがあったのですが、そのとき、「セックスなんか期待するなよ」と冷たく言われてしまったのです。

それが今回、出会い系での浮気を決意させたきっかけです。
もう手も触れていない夫にエッチを迫るのは抵抗があります。それに、また冷たく拒否されるに決まっています。
だから私は、ただムラムラするはけ口を熟女出会いサイトに求めたのです。

その日も、ご飯を作っているときに、ムラムラしていた私は、お風呂に入ったあと、寝室でオナニーを始めました。
ボタンをはずして胸をもむと、体の奥が熱くほてりはじめました。すぐに乳首が硬くとがり、それを指でつまんでグリグリと潰すように愛撫すると、全身に鳥肌が立ってしまいました。

そして、割れ目を指でなぞって愛液をすくいとり、それを塗りつけるようにしてクリトリスを刺激しはじめたんです。
乳首と同じように硬くなつていましたが、気持ちよさは乳首の比ではありません。
私は胸を出して、服は何も身に着けていない状態でした。熟女出会いSNS

熟女のバストアップ

  • 投稿日:
  • by

若い頃のスタイルを維持している女性は結構いると感じています。
確かに、年齢と共に、お尻やバストの位置は、若い頃に比べて、徐々に下がって行く傾向にあるのも事実ですが、それも、自分の気持ち次第で、ある程度の改善は可能です。


特に何もしないと、お尻という部位は、女性のスタイルで変化の強い部分の一つで、熟女の年齢に向かうと、お尻の位置のみならず、形も、丸いお尻から、四角形のように、崩れてしまう女性も多いのが特徴です。


次に、変化の強くでるのは、全体的には、余計な肉がついた所で、その第一位はお腹周り、そして、二の腕の部分となっているように思います。

バストも例外では、ありません。バストアップサプリがネットで人気なのもそのせいでしょう。

バストアップサプリランキングてのもよく見かけますね!


つまり、現在、もう昔のスタイルに戻る事が不可能だと諦めている女性は、それらの改善に努めれば、元に戻る事も出来るという事ですし、現在、自分のスタイルを維持し続けている女性も、これからも、努力すれば、熟女のスタイルは、半永久的かもしれないという事です。
それでは、多くの女性が昔のスタイルを維持する為の方策として、まず、バストの位置からです。
バストは、日頃、使われているようで、実は、座ったり、立ったりする時が主で、バスト自体の筋肉は余り使われていないので、美容体操とまではいかなくても、日頃、家事をこなしながらの合間にでも、なるべく、筋肉を動かして、バスト周辺の血流を良くする事で、随分、バストの位置改善や保持は可能でしょう。
又、お腹周りの余計な肉は、全体的にダイエットしなければいけない場合もあるのですが、どれだけ痩せている女性でも、お腹周りだけポッコリさんになるケースも多い部位ですから、日頃から、バストと同様に、湯ぶねの中で、円を描くマッサージをしたり、床にうつ伏せになって、腕を前においたまま、両足を後ろに上げる運動をして、腹部の筋肉の強化を図る事が一番手っ取り早いと思います。
始めは、両足を床から10センチでも上がる事を目標に、徐々に上げる角度を高く持っていくと、必ず、お腹の贅肉は取れ、筋肉質のスマートなお腹を保持できるものですから、無理のない範囲で続けて行く事がお薦めです。


最後に、どなたでも悩む、二の腕のタルミですが、私も年々、歳を重ねるうちに、二の腕のタルミに悩みましたが、自分のスタイルにさほど影響はない部位だと勘違いしていたのです。


この二の腕のタルミは、服を着用して、鏡の前に立つと、一目瞭然で、脇あたりから腕のラインが綺麗に出なくなって、折角のスタイルの良さを台無しにしてしまうといった目立たないようで目立つ部位なのです。
この二の腕は、空き時間のある時に、ラップを巻きつけて汗を出す事、そして、常に、家事をする時も、ウエスト部分をサイズ保持の為にひねって物を摂る要領と同じように、腕も雑巾を絞る感覚でひねるように心がける事で、高い所の物を取る時でも、つま先立ちで、腕を精一杯のばす事、湯ぶねの中で、手首から肩に向かって、片腕ずつ、もみほぐして行く事で、十分、すっきりしてくるのです。
これからも、スタイルの現状維持をめざし、日常の動きを意識する事によって、年齢に反抗的なスタイルをめざしましょう。


体型、スタイルは若い頃を思い出してみると、維持できている部分とそうでない部分というのがあります。
全体的に見れば少しばかり細身になってこじんまりした体型になりましたが、20代のころに買った洋服でもまだスカートなどは履くことができますし、デザインはその年代風ですがサイズはフィットします。
ウエスト部分でいえばその頃はふっくら体型、バストもワンサイズアップしました。仕事などで忙しかった期間にふっくらからスリムになり、いまのほうが3センチほど細くなりました。


20歳からアンチエイジングという年齢になるまでの間に太った時期というのもありですが、忙しかったり疲れの度合いがいつより高かったりするとエネルギー消耗するのも早い体質だった様ですから増えたり減ったりの体重の期間というのもありました。
数日の疲れから二キロくらい減ってしまったこともありですが、体力や疲れ、それを回復するのにも案外早くて熟年になるまでは太りやすくもありだけど、体重が減るのも早かったりという体質でした。


現在は太りにくい体質になりましたが、こういう混合みたいな体質でしたから思春期から成長して大人びた体型になったものが今でもほぼというところで維持できている様に思います。

そのために特別な運動などしていたかというとそんなことはなく、出産してからも育児に忙しくしていたから増えた体重は2ヶ月ほどで標準になりましたし、普段どおりにしながら体型が維持できたと言えます。


こうして普段の生活しながら食事はどだったかというと、小食ではなく一日三食でほとんどすごしていましたし、おやつも適度でした。


若いころの体型からの変化というなら授乳の経験がありますので、バストは小ぶりになりましたがこれは年齢なりに少しアップできればいいものと考えています。バストアップのためにサプリメントを飲んでいます。

体型のことではふっくらだった20代から十年単位の歳月が経過し、バストは小ぶりとなったものの体重増えた時でもそのままということもなく、通過できて良かったというものです。
個人差の体質というのがありますから太るということもそれはそれで良い面も、ふっくらしたら柔軟さも感じられるし長い年月をすごしながらガンバったのがその形とも言えますよね。
健康面でも運動するのは好ましいことですから、肩肘はらずにストレッチとかウォーキングみたいに歩く距離を多くしてみるのもいいことですね。

諦めずバストの維持

  • 投稿日:
  • by

出産してからバストやスタイルが少し変化してきたので、定期的にケアしたりするようになりました。

一つ目はスパに通うことです。ジェットバスに入って刺激したり、お風呂に入って体を癒したりしています。サウナや岩盤浴にもはいって汗をながしてバストをマッサージしてます。


次に気をつけていることはお酒をあまり飲まないようにしています。ビール腹になったりするとあとから痩せようと努力するのは大変なので気をつけています。お酒をひかえるようになってから肌の調子もすこしよくなってきました。


三つ目に気をつけていることは、食事です。なるべく自分で作るようにして太っていた時期より10キロほど痩せました。

太っていた時期は外食が多かったです。家で食べると必要な分しかたべないからですかね。体重計に乗ってもここ数年はすくなくとも体重をキープできています。


最後に気をつけていることは、よくあるくということです。姿勢もよくなりますし、かんたんです。なるべく歩いて普段運動をあまりしないので、それをこころがけています。時間があるときは、一駅あるいたりもします。
いかがでしたでしょうか。参考になればうれしいです。ダイエットはなかなか続かないので、今後もかんたんなことからこつこつ積み重ねていきたいとおもいます。


数々のダイエットを試してきたのち、ここ5年、体型を変わらず維持できています。
そのきっかけとなったのが、自分の体を知ること。
まずいちばん大切なのは、太りにくい体質をつくる。食事制限はストレスになったり、反動で食べてしまい、リバウンド、最悪な結果として前より太ってしまったりなど悪循環です。


そこで、自分が何を口にすると太りやすいのかというのを知り、それを極力さける。
私の場合、炭水化物はどれだけ食べても太らず、甘いものだとすぐ太ってしまう傾向があると分かりました。

そこで、できるだけ3食きっちり、ご飯や麺類なども一緒に摂り、お腹が空いて間食をしたくなるというのを防いで甘いものを除外しています。

外食などでちょっと食べ過ぎてしまった日も、次の日からいつもの食生活に戻し、3食きっちり摂るようにするとまったく太らない体質になりました。そして、どうしても甘いものが食べたいときには、朝食に菓子パンやデザートケーキなど食べるようにして、夜は板チョコ1かけらで済ますようにしています。


おかげで、食事の時間を楽しく過ごせ、制限しなければというストレスなども全くなく、間食をせずにいることで毎食おいしく食べられます。自分の体質を知り、それに合わせた無理のない食生活を進めていくのが、最も自然で、負担なく健康な体を維持できる方法だと日々実感しています。

食べたいだけ食べて体型維持


今年で30代後半に差し掛かりますが、体型は中学生からほとんど変わっていません。

体型維持の秘訣は、食べる事です。食べ方にポイントがあります。そうは言っても普通に食べるだけです。朝、昼、晩と、なるべく決まった時間に、普通に食べるだけ。日によっては、間食もします。夕飯後に、ポテトチップス1袋食べる時もあります。では、ポイントはどこかと言うと、自分で作ったご飯を食べる、食事には、赤、緑、黄色がバランスよく入っていて、彩りが美味しそうに見える事。


まず、自分で作る事によって、どんな材料をどれだけ使っているかが把握できます。
作ってる間に、食材を見るせいか、食べるまでにある程度の空腹感は満たされてますし、コンビニや、スーパーで買えるお惣菜程の味を出すには、多くの調味料を使わないといけないなとか、日本食はヘルシーに見えるけど、意外にお砂糖が多いなとか、わかってきます。また、新鮮なものを使う事で、余計な添加物の摂取も避けられます。また、彩りを鮮やかにする事で、ある程度のバランスを取れた食事ができます。いちいち栄養素の計算などしていたらストレスがたまるので、色を楽しむつもりで作ると、楽しく栄養がとれます。栄養が片寄ると、代謝がうまくいかないので、体型維持には大敵です。あと、午後9時以降は食べないようにしています。
というよりは、規則正しく食べているので、午後9時以降は、食欲がわかないようになってしまいました。

バストケアは、日々の積み重ねが大事
若かった時には、多少暴飲暴食したとしても、1日・2日あれば元の体型やバストに戻すことなんて容易いことでした。
少し太ったなと思った時には、1日食べない・少し運動することで体型をキープすることが出来ました。
しかし、年齢を重ねるにつれて、そういったことは出来なくなってしまいます。
体重が増えるとなかなか元には戻りません。痩せようと思っても簡単には痩せません。
だからこそ、現状をキープし続けることが大事です。
そこで、毎日行っていることは、白湯を意識して飲むことです。夏だろうと関係なく、白湯を飲みます。
最初は味気なくて飲みづらいかもしれませんが、慣れるものです。今は、快適です!

バストアップを目指して

  • 投稿日:
  • by

女性のコンプレックスのひとつはバストです。それは、年齢も若い人だろうが年を重ねた人だろうが自分のバストは大事です。
私も年を取ってきて、ますますスタイルを意識するようになってきた。特に太ったり、たるんだりしてくると、どうしても着たい服がに合わなくなってくるし、ぴたっとしたタイプの洋服が着られなくなるのが悲しいので日頃からスタイルを維持するために行っていることがあります。


まず食事は普通に好きなものを食べます。私の場合、食べるのを制限すると余計にストレスになって暴食する可能性があるので制限はしません。
ただ、夜ご飯を食べるのは8時までにして、そのあとはミネラルウォーターしか飲まず、夜食やおやつは一切取りませんし、お酒も飲みません。
運動は、毎日ではないですがヒップを上げる運動をしたりスクワットをします。テレビを見ながらすることが多いです。
そして、犬の散歩を20分ぐらいします。
走ったりはせずに大股で少し早歩きぐらいのスピードです。


そして、水分はたくさん飲み、便秘にならないようにフルーツや植物繊維の多いものを食べるように心がけています。
また、日頃から多めに歩くことを心がけています。ちょっとの近所だと車は使わず歩いてコンビニや郵便局など行くようにしています。

異性からキレイだねとか若々しくていきいきしてるなどと、羨望のまなざしで見られるのは女性として誇らしいですよね。
でもそうなるのには素肌やスタイルなどの外見磨きと、それに似合うようなファッションセンスも一緒に磨くのがいいと思っています。

自分のことで言えば熟年齢といういいお年頃ですから、若さの部分は20代のころとそう変わっていないと思ってる気持ちくらい、おしゃれは年齢なりの身だしなみ程度はできてるのではと思うところ。バストがふっくらで豊満だったらば、年齢も感じさせずはつらつとした雰囲気になるよねと同性としては羨ましいところです。
20代の頃と遡ってみればそれなりにふっくらでしたが、このころのことからすると必ずしもバストが大きいからといって、異性からモテたというものでもありませんでした。
こういったモテる、モテないということを中高生の時代から思い出してみると、ふっくらでモテた女性もいましたけれどそれは明るかったり話がしやすいという気さくな性格でもあったからのようです。

大人となる前でもそれなりの気配りとか時には堅実さでもあり、反対のキャラクターではあるけれどお付き合いしやすいちょっとくだけた雰囲気っていう女の子もモテるという対象になりましたから。バストが大きいだけではモテる要素とは言えないですね。それよりも性格的に子供っぽさがないほうが男の子からすれば好ましいというものだったかなと考えます。

学生時代から社会人となってからモテる女性といえば、学生気分のような可愛らしさよりも大人の女性としてのたしなみと身のこなしやオシャレもできていて、お仕事もきちんとこなししっかりしてるという印象が持てる人でしたね。

バストもそう大きくないしどちらかと言えば細身の体型だけれど、性格はさっぱりだしお仕事もできる女性は社内でもひとつくらいランクアップして見られていたようです。自分でもその女性のようでありたいと思いましたから、女性としての心得や気配りについて学んだりしました。


確かにふっくらのボディラインは男性にとって魅力的、胸元に顔をうずめてみたいなんてジョークを言ったりする男性もいらっしゃいますし、バストは女性であることや母性の象徴。


体型がふっくらのバストラインならば、大人の女性としての精神面心やオシャレと性格美人さんを目指してみたらどうでしょう、ボディコンシャスだけどセンスもいいし性格もいい女性と言ってもらえそうです。