諦めずバストの維持

  • 投稿日:
  • by

出産してからバストやスタイルが少し変化してきたので、定期的にケアしたりするようになりました。

一つ目はスパに通うことです。ジェットバスに入って刺激したり、お風呂に入って体を癒したりしています。サウナや岩盤浴にもはいって汗をながしてバストをマッサージしてます。


次に気をつけていることはお酒をあまり飲まないようにしています。ビール腹になったりするとあとから痩せようと努力するのは大変なので気をつけています。お酒をひかえるようになってから肌の調子もすこしよくなってきました。


三つ目に気をつけていることは、食事です。なるべく自分で作るようにして太っていた時期より10キロほど痩せました。

太っていた時期は外食が多かったです。家で食べると必要な分しかたべないからですかね。体重計に乗ってもここ数年はすくなくとも体重をキープできています。


最後に気をつけていることは、よくあるくということです。姿勢もよくなりますし、かんたんです。なるべく歩いて普段運動をあまりしないので、それをこころがけています。時間があるときは、一駅あるいたりもします。
いかがでしたでしょうか。参考になればうれしいです。ダイエットはなかなか続かないので、今後もかんたんなことからこつこつ積み重ねていきたいとおもいます。


数々のダイエットを試してきたのち、ここ5年、体型を変わらず維持できています。
そのきっかけとなったのが、自分の体を知ること。
まずいちばん大切なのは、太りにくい体質をつくる。食事制限はストレスになったり、反動で食べてしまい、リバウンド、最悪な結果として前より太ってしまったりなど悪循環です。


そこで、自分が何を口にすると太りやすいのかというのを知り、それを極力さける。
私の場合、炭水化物はどれだけ食べても太らず、甘いものだとすぐ太ってしまう傾向があると分かりました。

そこで、できるだけ3食きっちり、ご飯や麺類なども一緒に摂り、お腹が空いて間食をしたくなるというのを防いで甘いものを除外しています。

外食などでちょっと食べ過ぎてしまった日も、次の日からいつもの食生活に戻し、3食きっちり摂るようにするとまったく太らない体質になりました。そして、どうしても甘いものが食べたいときには、朝食に菓子パンやデザートケーキなど食べるようにして、夜は板チョコ1かけらで済ますようにしています。


おかげで、食事の時間を楽しく過ごせ、制限しなければというストレスなども全くなく、間食をせずにいることで毎食おいしく食べられます。自分の体質を知り、それに合わせた無理のない食生活を進めていくのが、最も自然で、負担なく健康な体を維持できる方法だと日々実感しています。

食べたいだけ食べて体型維持


今年で30代後半に差し掛かりますが、体型は中学生からほとんど変わっていません。

体型維持の秘訣は、食べる事です。食べ方にポイントがあります。そうは言っても普通に食べるだけです。朝、昼、晩と、なるべく決まった時間に、普通に食べるだけ。日によっては、間食もします。夕飯後に、ポテトチップス1袋食べる時もあります。では、ポイントはどこかと言うと、自分で作ったご飯を食べる、食事には、赤、緑、黄色がバランスよく入っていて、彩りが美味しそうに見える事。


まず、自分で作る事によって、どんな材料をどれだけ使っているかが把握できます。
作ってる間に、食材を見るせいか、食べるまでにある程度の空腹感は満たされてますし、コンビニや、スーパーで買えるお惣菜程の味を出すには、多くの調味料を使わないといけないなとか、日本食はヘルシーに見えるけど、意外にお砂糖が多いなとか、わかってきます。また、新鮮なものを使う事で、余計な添加物の摂取も避けられます。また、彩りを鮮やかにする事で、ある程度のバランスを取れた食事ができます。いちいち栄養素の計算などしていたらストレスがたまるので、色を楽しむつもりで作ると、楽しく栄養がとれます。栄養が片寄ると、代謝がうまくいかないので、体型維持には大敵です。あと、午後9時以降は食べないようにしています。
というよりは、規則正しく食べているので、午後9時以降は、食欲がわかないようになってしまいました。

バストケアは、日々の積み重ねが大事
若かった時には、多少暴飲暴食したとしても、1日・2日あれば元の体型やバストに戻すことなんて容易いことでした。
少し太ったなと思った時には、1日食べない・少し運動することで体型をキープすることが出来ました。
しかし、年齢を重ねるにつれて、そういったことは出来なくなってしまいます。
体重が増えるとなかなか元には戻りません。痩せようと思っても簡単には痩せません。
だからこそ、現状をキープし続けることが大事です。
そこで、毎日行っていることは、白湯を意識して飲むことです。夏だろうと関係なく、白湯を飲みます。
最初は味気なくて飲みづらいかもしれませんが、慣れるものです。今は、快適です!