熟女のバストアップ

  • 投稿日:
  • by

若い頃のスタイルを維持している女性は結構いると感じています。
確かに、年齢と共に、お尻やバストの位置は、若い頃に比べて、徐々に下がって行く傾向にあるのも事実ですが、それも、自分の気持ち次第で、ある程度の改善は可能です。


特に何もしないと、お尻という部位は、女性のスタイルで変化の強い部分の一つで、熟女の年齢に向かうと、お尻の位置のみならず、形も、丸いお尻から、四角形のように、崩れてしまう女性も多いのが特徴です。


次に、変化の強くでるのは、全体的には、余計な肉がついた所で、その第一位はお腹周り、そして、二の腕の部分となっているように思います。

バストも例外では、ありません。バストアップサプリがネットで人気なのもそのせいでしょう。

バストアップサプリランキングてのもよく見かけますね!


つまり、現在、もう昔のスタイルに戻る事が不可能だと諦めている女性は、それらの改善に努めれば、元に戻る事も出来るという事ですし、現在、自分のスタイルを維持し続けている女性も、これからも、努力すれば、熟女のスタイルは、半永久的かもしれないという事です。
それでは、多くの女性が昔のスタイルを維持する為の方策として、まず、バストの位置からです。
バストは、日頃、使われているようで、実は、座ったり、立ったりする時が主で、バスト自体の筋肉は余り使われていないので、美容体操とまではいかなくても、日頃、家事をこなしながらの合間にでも、なるべく、筋肉を動かして、バスト周辺の血流を良くする事で、随分、バストの位置改善や保持は可能でしょう。
又、お腹周りの余計な肉は、全体的にダイエットしなければいけない場合もあるのですが、どれだけ痩せている女性でも、お腹周りだけポッコリさんになるケースも多い部位ですから、日頃から、バストと同様に、湯ぶねの中で、円を描くマッサージをしたり、床にうつ伏せになって、腕を前においたまま、両足を後ろに上げる運動をして、腹部の筋肉の強化を図る事が一番手っ取り早いと思います。
始めは、両足を床から10センチでも上がる事を目標に、徐々に上げる角度を高く持っていくと、必ず、お腹の贅肉は取れ、筋肉質のスマートなお腹を保持できるものですから、無理のない範囲で続けて行く事がお薦めです。


最後に、どなたでも悩む、二の腕のタルミですが、私も年々、歳を重ねるうちに、二の腕のタルミに悩みましたが、自分のスタイルにさほど影響はない部位だと勘違いしていたのです。


この二の腕のタルミは、服を着用して、鏡の前に立つと、一目瞭然で、脇あたりから腕のラインが綺麗に出なくなって、折角のスタイルの良さを台無しにしてしまうといった目立たないようで目立つ部位なのです。
この二の腕は、空き時間のある時に、ラップを巻きつけて汗を出す事、そして、常に、家事をする時も、ウエスト部分をサイズ保持の為にひねって物を摂る要領と同じように、腕も雑巾を絞る感覚でひねるように心がける事で、高い所の物を取る時でも、つま先立ちで、腕を精一杯のばす事、湯ぶねの中で、手首から肩に向かって、片腕ずつ、もみほぐして行く事で、十分、すっきりしてくるのです。
これからも、スタイルの現状維持をめざし、日常の動きを意識する事によって、年齢に反抗的なスタイルをめざしましょう。


体型、スタイルは若い頃を思い出してみると、維持できている部分とそうでない部分というのがあります。
全体的に見れば少しばかり細身になってこじんまりした体型になりましたが、20代のころに買った洋服でもまだスカートなどは履くことができますし、デザインはその年代風ですがサイズはフィットします。
ウエスト部分でいえばその頃はふっくら体型、バストもワンサイズアップしました。仕事などで忙しかった期間にふっくらからスリムになり、いまのほうが3センチほど細くなりました。


20歳からアンチエイジングという年齢になるまでの間に太った時期というのもありですが、忙しかったり疲れの度合いがいつより高かったりするとエネルギー消耗するのも早い体質だった様ですから増えたり減ったりの体重の期間というのもありました。
数日の疲れから二キロくらい減ってしまったこともありですが、体力や疲れ、それを回復するのにも案外早くて熟年になるまでは太りやすくもありだけど、体重が減るのも早かったりという体質でした。


現在は太りにくい体質になりましたが、こういう混合みたいな体質でしたから思春期から成長して大人びた体型になったものが今でもほぼというところで維持できている様に思います。

そのために特別な運動などしていたかというとそんなことはなく、出産してからも育児に忙しくしていたから増えた体重は2ヶ月ほどで標準になりましたし、普段どおりにしながら体型が維持できたと言えます。


こうして普段の生活しながら食事はどだったかというと、小食ではなく一日三食でほとんどすごしていましたし、おやつも適度でした。


若いころの体型からの変化というなら授乳の経験がありますので、バストは小ぶりになりましたがこれは年齢なりに少しアップできればいいものと考えています。バストアップのためにサプリメントを飲んでいます。

体型のことではふっくらだった20代から十年単位の歳月が経過し、バストは小ぶりとなったものの体重増えた時でもそのままということもなく、通過できて良かったというものです。
個人差の体質というのがありますから太るということもそれはそれで良い面も、ふっくらしたら柔軟さも感じられるし長い年月をすごしながらガンバったのがその形とも言えますよね。
健康面でも運動するのは好ましいことですから、肩肘はらずにストレッチとかウォーキングみたいに歩く距離を多くしてみるのもいいことですね。